「土用しじみ」と「寒しじみ」とは

しじみは一年中食べることができる食材で、しじみの旬を聞かれると答に戸惑う人もいるかもしれません。
しじみの旬は一年に2回あります。
旬のしじみはそれぞれ土用しじみ、寒しじみと呼ばれています。

しじみの旬〜土用しじみ

土用とは?

土用は立春、立夏、立秋、立冬の前の18日間のことで、夏の土用の丑の日にうなぎを食べる土用の丑が最も良く知られています。
夏の土用の丑の日にうなぎを食べる習慣ができたのは江戸時代の中頃といわれています。

当時、夏にうなぎが売れずに困っていた商人が、平賀源内の提案により「本日はうなぎの日」という張り紙をしたところ、うなぎが非常によく売れるようになったという説も聞かれます。
そのあたりの真偽の程は明らかではありませんが、 現在でも土用の丑にうなぎを食べる習慣が続いています。
ちなみに天然のうなぎの旬は夏ではなく冬です。

土用しじみとは?

しじみを食べる習慣は非常に古く、縄文時代にまで遡ります。
特に暑い夏場にしじみは好んで人々に食されてきました。
夏場にしじみが多く食べられてきたのは、ちょうど土用の丑の日の頃がしじみの旬となり、数多くのしじみが出回り、旨味が増すうえに栄養価も高く、夏バテ防止になるという現実的な理由からです。
土用の丑には「う」のつく食べ物を食べるという習慣がありますが、しじみはその習慣ができるずっと以前から土用の丑の頃に食されてきました。
あまり知られていませんが、土用のうなぎより土用のしじみの方が古い歴史を持っているのです。

土用しじみの効果

昔から「土用しじみは腹薬」といわれるように、しじみの持つ栄養価の高さや肝臓の機能を高める働きを人々は経験から学び、夏の暑さを元気に乗り越えるため重宝してきました。

しじみの旬〜寒しじみ

夏に産卵したしじみは、その後、冬に向け体に栄養を蓄え、湖の砂の中に深く潜って越冬に備えます。
この時期の、栄養が沢山詰まったしじみを寒しじみと呼びます。
しじみの旨味成分であるコハク酸は気温の低下と共に増え、身が引き締まり、しじみの美味しさが凝縮され冬の旬の食材となります。
寒しじみのシーズンは1〜2月で、寒い地方で漁獲されるしじみは特に美味しくなります。

しじみの旬は年に2度あり、夏(7〜8月)が土用しじみ、冬(1〜2月)が寒しじみとそれぞれ呼ばれます。
夏は最も多く収穫され、産卵期でしじみの身が大きく、美味しく頂くことができます。
冬のしじみは水の温度が下がるので身が引き締まり、栄養が凝縮されたしじみを味わうことができます。