しじみとターンオーバー

しじみは健康効果だけではなく、実は美容効果も高いお薦めの食品です。
しじみに含まれる栄養成分に、肌のターンオーバーを促進する働きがあることが確認されています。

肌のターンオーバーのしくみ

肌の細胞が新陳代謝で生まれ変わることをターンオーバーといいます。
通常は28日程度のサイクルでターンオーバーしますが、加齢やさまざまな要素でサイクルが長くなったり乱れたりすることがあります。
人の皮膚は表皮、真皮、皮下組織の3層から成ります。
表皮は基底層、有棘層、顆粒層、角質層という層が重なってできています。
基底層で作られた新しい細胞が、それぞれの層を順に角質層まで押し上げられた後、垢となり剥がれます。
ターンオーバーで皮膚細胞が常に新しく生まれ変わるため、日焼けや傷も日数と共に目立たなくなっていきます。

ターンオーバーのサイクルは加齢に従って乱れます。
特に更年期といわれる40〜50歳頃には乱れやすくなります。
また肌が紫外線のダメージを受けやすい夏と、気温が低くなる冬場もターンオーバーが乱れやすく成ります。
ターンオーバーが乱れると乾燥、くすみ、シワ、シミなどの肌のトラブルが起こりやすくなります。

しじみの効果とターンオーバー

しじみはオルニチンという成分を多く含んでいます。
オルニチンはたんぱく質の最小の単位であるアミノ酸の一種です。
オルニチンは有害なアンモニアを解毒して無害の尿素に変換し、血中のアンモニアの濃度を抑制し肝臓を守り、肝機能を向上させます。
オルニチンは美肌効果もあり、肌の細胞分裂を促進、活性化する働きがあり、ターンオーバーを促します。
ターンオーバーがうまく繰り返されるようになると肌に弾力、張り、潤いが感じられるようになります。

しじみはオルニチンのほかに鉄、亜鉛、ビタミン、ミネラルなどがバランスよく含まれています。
鉄は貧血予防、亜鉛はホルモンバランスを整える効果があり、ビタミン、ミネラルは皮膚の細胞の生成を補助し、美肌作りに間接的に働きます。

ターンオーバーを正常に保つためには?

ターンオーバーを整え、美肌を保つためには栄養のバランスが取れた食事と十分な睡眠、適度な運動、規則正しい生活習慣が何よりも大切になってきます。
その上でターンオーバーを正常にするオルニチンを多く含むしじみを積極的に摂り入れ、美肌効果を高めるようにしましょう。
参考:しじみのターンオーバー効果